循環器装置管理の標準化班血管撮影室における診療放射線技師業務拡大検討班













循環器撮影QAプログラム委員会

2010年6月〜2012年3月 活動終了したワーキンググループ です。

名 称 : 循環器撮影QAプログラム委員会
班 長 : 福地 達夫 (NTT東日本関東病院)
班 員 : 岩澤亜矢子 (横浜労災病院)
    : 塩野谷 純 (石心会狭山病院)
    : 武  俊夫 (昭和大学横浜市北部病院)
    : 武田 和也 (榊原記念病院)
    : 日高 章吾 (NTT東日本関東病院)
オブザーバー : 菊地 達也 (横浜市立大学附属市民総合医療センター)
       : 塚本 篤子 (NTT東日本関東病院)
       : 山下 慎一 (東京慈恵会医科大学附属病院)


活動目標および内容 :
個々の患者に対し、適正な放射線医療を提供するために必要なQA(品質保証)プログラムについて検討する。
・事後においても、個々の循環器放射線診療が適切に行われたかを証明出来る記録やプロトコル検証などのQA項目をプログラム化し、共通化を目的とする。
・このQAプログラムにより、適正な手順を踏んで診療に携わることを目標に普及活動を行う。

(活動実績)
◆ 循環器撮影におけるQAプログラムの考え方 : (論文)循環器画像技術研究 No.30-1 2012年2月
◇ 循環器撮影におけるQAプログラムの考え方 :  (シンポジウム)第275回循環器画像技術研究会 2011年5月
     循環器撮影技師に必要な知識と技術(スペシャリストは必要ですか?)

(活動報告)
◇ 2010年度



2010年度 脳血管IVR被曝線量調査班 活動報告

班 長 : 福地 達夫 (NTT東日本関東病院)
班 員 : 武  俊夫 (昭和大学横浜市北部病院)
    : 塩野谷 純 (石心会狭山病院)
    : 武田 和也 (榊原記念病院)
    : 岩澤亜矢子 (横浜労災病院)
    : 日高 章吾 (NTT東日本関東病院)
オブザーバー : 菊地 達也 (横浜市立大学附属市民総合医療センター)
       : 塚本 篤子 (NTT東日本関東病院)
       : 山下 慎一 (東京慈恵会医科大学附属病院)

1. 目的
 循環器領域での検査におけるQAを考えるという目的で本委員会を立ち上げた。発端としては、2009年10月8日に米国FDAから報告さらた過剰照射によるものである。内容は、脳CTパーフュージョン検査において18ヶ月以上の期間に渡り206名の患者に期待線量の8倍以上(4Gy相当)の過剰照射が与えられ、一部の患者に皮膚紅斑や脱毛が発現したというものであった。その後の継続された調査によると2010年11月9日時点で、6施設385名に対して過剰照射が起きていたことが判明した。このような事例の発生を防止するためには何をすればよいかを考えることが本委員会の主目標である。

2. 活動内容
 委員会が現段階で対象とするモダリテイはCTとして、2回のアンケート調査を行った。

(1) 『循環器領域におけるCT検査の撮影条件の調査』
 幹事施設を対象に日本人成人の平均的な体格(男性167cm-65kg、女性155cm-55kg)の患者における各施設での撮影条件を調査した。冠動脈CTにおけるCTDIvolでは、回答を得られた14施設における最大線量と最小線量は男性の場合でそれぞれ、1.91mGy、216.8mGyと114 倍、女性では1.62mGy、177.2mGyと109倍であった。低線量の結果での撮影方式は各装置での低線量撮影モードにおけるもので行われており、このような大きな差が生じたものと思われる。冠動脈CTに対する通常のヘリカルスキャン方式のみでの比較では施設問差は男女とも約3倍であった。

(2) 『循環器領域におけるCT検査の装置表示のCTDIvdの調査』
 本委員会の5施設を対象に各施設2週間での冠動脈CTおよび頚部から鼠径部の大血管造影CTにおける装置表示のCTDIvolを調査した。この調査においては性別、体格などは不問とした。冠動脈CTの結果では、CTDIvolが患者ごとにあまり変更していない施設や低線量モード撮影を多用している施設など特徴が見られた。大血管造影CTでは1施設のみが、他施設と比較して数倍多い線量分布を示していた。

 上記内容は5月21日に開催された第275固定例会でのシンポジウム『循環器撮影技師に必要な知識と技術(スペシャリストは必要ですか?)』で報告した。

 今後は循環器領域でのCT検査における被曝線量のalert levelについて検討したいと考えている。



循環器撮影研究会循環器画像研究会循環器技術研究会循環器研究会循環器撮影技術学会心血管画像研究会循研CITEC


inserted by FC2 system