循環器装置管理の標準化班













Coronary CTA被曝調査班

2007年4月〜2010年3月 活動終了したワーキンググループ です。

名 称 : Coronary CTA 被曝調査班
班 長 : 塩野谷 純 (石心会 狭山病院)
班 員 : 阿久津任文 (石心会 狭山病院)
    : 大澤 三和 (昭和大学病院)
    : 先山 耕史 (昭和大学藤が丘病院)
    : 櫻田 尚武 (横浜市立大学附属市民総合医療センター)
    : 苫米地修平 (国立国際医療センター)
    : 和田 裕之 (NTT東日本 関東病院)
オブザーバー : 加藤 京一 (昭和大学藤が丘病院)


活動目標および内容 :
 心臓CT(Coronary CTA)は、CT検査の中でも放射線の被曝線量が多い検査と考えられます。CTコンソールには検査時の被曝線量がCTDIvol等で表示されますが、皮膚線量や臓器ごとの実際の被曝線量は不明です。
 このWGでは、心臓CTでの臓器ごとの被曝線量や線量分布を多施設のCT装置で測定し、撮影プロトコールの設定・見直しに役立てるデータの収集・解析を行います。
 また、他のモダリティー(循環器X線装置など)と同じテーブルで被曝線量評価ができるよう検討します。

(活動実績)
◆ 冠動脈CTの現状と今後 「冠動脈CTの被ばくの現状と今後」 : (論文)全国循環器撮影研究会誌 No.25 2013年2月
◇ 「冠動脈CTの現状と今後」 冠動脈CTの被ばくの現状と今後 : (ワークショップ)第26回全国循環器撮影研究会総会・学術発表大会 2012年4月
◆ Coronary CTA検査の管理−被曝線量の適正管理について : (論文)循環器画像技術研究 No.28-2 2010年9月
◇ 循環器装置・CT装置のQC・QA 〜管理すべきPoint !!〜 : (シンポジウム)第263回循環器画像技術研究会 2010年3月
     Coronary CTA検査の管理−被曝線量の適正管理について
◇ 冠動脈CTAの多施設被曝線量測定 : (口述)第37回日本放射線技術学会秋期学術大会 2009年10月
◇ CoronaryCTA被曝調査 CCTA吸収線量の線量分布と確定的影響の評価 : (ポスター)CCT2009 (Co-Medical) (優秀演題) 2009年1月
◇ Coronary CTA被曝線量実態調査 −CTDIと各臓器の吸収線量との比較について− : (口述)第36回日本放射線技術学会秋期学術大会 2008年10月
◆ CT装置の線量表示−出力管理と被曝線量の問題点 : (論文)循環器画像技術研究 No.26-2 2008年9月
◇ 循環器撮影装置の保守管理と安全使用 : (シンポジウム)第243回循環器画像技術研究会 2008年3月
     CT装置の線量表示−出力管理と被曝線量の問題点

(活動報告)
◇ 2009年度、 2008年度、 2007年度


(論文)全国循環器撮影研究会雑誌 NO.24 5-7頁 2012年

ワークショップ : 冠動脈CTの現状と今後 「冠動脈CTの被ばくの現状と今後」

塩野谷純 (石心会狭山病院)

【はじめに】
 被曝への関心が深まる昨今において、必ずといってよいほどテーマとして上がるのがCT検査の被曝である。その中でも冠動脈CT検査は更に被曝の多い検査とされているため、その現状と今後の状況について報告する。

 以下に紹介するのは、インターネット上の検索で「CT 被曝」と入力し、検索された文献である。

CTスキヤンの被曝量、想定より多かった 〜数十年後にがん発症リスク〜

【12月18日AFP】 CTスキヤンを受ける際にあ浴びた放射線が原因で数十年後にがんを発症する可能性があるとする2つの論文が、14日の米内科学会誌「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン(Archives ofInternal Medicine)」に掲載された。
 米サンフランシスコの4病院が行った研究は、現在の検査で通常照射される放射線量は、中央値でさえ、想定されていた値の4倍であることがわかったとしている。CTによる1枚の冠動脈造影図の被曝量は、胸部レントゲン写真309枚に匹敵するという。同研究は、冠状動脈をCTスキヤンした270人のうち、40歳の女性1人がCTスキヤンが原因でがんを発症したとしている。
 もう1つの研究は、2007年に米国で行われた7200万回のCTスキヤンが原因で、今後2万9000人ががんを発症する可能性があると指摘した。このデータには、すでに腫瘍(しゅよう)があった患者や終末医療の一環でCTスキヤンを受けた患者は含まれていない。研究者らは、放射線の照射に起因するがんは、照射治療の20〜30年後に発症することがわかったと述べ、「医療用CTスキャンの放射線量はこれまで認識されていた量よりはるかに多く、防ぐことができるがんを年間数万例も生んでいる。照射量に関する規定を見直ずべきだ」としている。

内容の是非に関しては述べるつもりは無いが、一般の人が利用するインターネットにおいてもこの様な衝撃的な内容が簡単に目に飛び込んで来てしまうのが現状である。適切な検査や被曝管理、そして患者さんへの説明を行う上でもまずは現状を理解することが重要であると考えている。

【冠動脈CT被曝の現状】
当院における各撮影シーケンスのCTDlvolを表1に示す。冠動脈CTは胸部や腹部に比べ明らかに多いといえる。その要因としては、電流値やへリカルピッチの違いから明らかであり、撮影シーケンス内容からも伺える(表2,3)。

表1 各撮影シーケンスにおけるCTDIvol
CTDIvol(mGy) DLP(mGy)
冠動脈CT 56 1000
胸部CT 12 430
腹部CT 13 650
※ 当院CTデータより
表2 各撮影プロトコール
冠動脈CT 胸部CT 腹部CT
管電圧(kV) 120 120 120
管電流(mA) 600 30〜180 50〜170
回転速度(feed/rotation) 0.35 0.5 0.5
ヘリカルピッチ 0.25 0.8 0.8
スライス厚(mm) 0.5 1.0 1.0
撮影範囲(cm) 16 30 50
※ 当院CTデータより
表3 冠動脈CTとChest routineの撮影シーケンスの違い

他の撮影部位に比べ、冠動脈CTの被曝線量は多いだけでなく、その線量自体も施設や装置によって様々である。循環器画像技術研究会では冠動脈CTAによる被曝線量の実態把握を目的としたワーキンググループ活動(2007.4〜2010.3)を行っていたので、その内容を一部報告する。
『冠動脈CTAの多施設被曝線量測定』では、ランドファントムと蛍光ガラス線量計を用いてHR68を想定した施設ごとの撮影方法による線量測定を行った(図1,2)。施設と使用装置は表4に示す。図3より、施設間の空気吸収線量には最大で約3倍の開きがあった。ただし、画質や検査方法についての検討は行っていない。しかし、同じ冠動脈CT検査にも関わらず、実施施設によってこれだけの違いがあるのが現状である。

図1 ランドファントムと設定条件
図2 蛍光ガラス線量計の挿入イメージ


表4 各施設の使用装置と撮影方法
DAS 撮影方法
64 Helical
64 Helical modulation +
64 Helical
64 Helical modulation +
320 Helical modulation +
16 Helical
64 Helical
64 Helical modulation +
128 Conventional
図3 施設間の空気吸収線量比較

【冠動脈CT被曝の今後】
 しかしながら冠動脈CT撮影時には施設ごとの考えのもと、従来より搭載されているECG dose modulationやProspective scanといった被曝低減機能を使用するなど、被曝低減への工夫は行われているはずである。更に最近ではソフト面において逐次近似再構成法(Iterative Reconstruction:IR)が各社より導入され、より少ない照射線量での撮影が可能となっている(図4)。さらにハード面においては機械ノイズを低減するような検出器の開発など、被曝低減技術は日々進歩しているといえる。加えて、被曝を考える上で重要となる技師の役割の1つに被曝の管理がある。
 表5はCTDIvolを実測し、装置の表示値と比較した表である。装置の表示値は撮影前の撮影条件を設定した際にすでに確認可能であり、また撮影後には電子カルテなどに簡単に保存されているはずである。撮影前や撮影後の確認は大事であり、そして目視している値が実際にどのような値なのかを知ることも重要であるといえる。

Iterative Reconstruction

CTDIvol 5.6【mGy】
図4 当院IRを用いた冠動脈CT画像

表5 コンソール表示値と測定値
HR(bpm) 50 55 60 65 70 80
コンソール表示値(mGy) 18.4 18.4 19.5 40.8 64.5 58.3
測定値(mGy) 16.6 15.6 18.3 33.8 58.2 51.7
コンソール表示値/測定値(%) 11 118 107 121 111 113

【最後に】
 被曝低減に努めることほ技師の務めであるといえるが、やはり検査に必要な画質の担保は重要であり、被曝を気にするあまり画像の劣化を招くようなことは本末転倒であるといえる。今後も被曝と画質のバランスを考えた適切な検査が日々行えるよう精進していきたいと思う。




2009.10.22 第37回 日本放射線技術学会秋期学術大会 報告
(口述) 演題区分 : CT 検査 −心臓・被ばく低減技術−

冠動脈CTAの多施設被曝線量測定

報告者 : 和田 裕之 (NTT東日本 関東病院)

発表スライドはこちら


【目的】
 循環器画像技術研究会では冠動脈CTAによる各施設での被曝線量の実態を把握するため、多施設での線量測定を実施している。今回、4施設4装置分のデータについて分析したので報告する。

【方法】
 研究会参加4施設において、心拍数65〜70を想定したルーチンの各施設による冠動脈CTA検査全プロトコル(撮影範囲は指定)にて撮影を行った。
 測定にはランドファントム(規格:身長175cm体重73.5kg女性)を使用し、心臓を含む5断面に67本、皮膚面3断面に15本、左右乳房部分に6本、計88本の蛍光ガラス線量計(旭テクノグラス社製GD-301)を挿入し空気吸収線量の測定を行った。

【結果・考察】
 体内線量分布は4施設ほぼ同様の傾向を示したが、空気吸収線量には約2倍較差(心臓部:最小333mGy、最大671mGy)があった。各施設の空気吸収線量の差は、前後方向よりも左右方向の方が大きかった。乳房の空気吸収線量は、他の部位と比べて低い値となった。この較差は、装置の仕様による違いや、その施設での撮影条件が影響していると考えられた。

【結語】
 測定結果から最大で2倍となる施設較差の実態を捉えることができた。その要因として撮影条件の違いなど人的ソフト面での施設較差も大きいと考えられる。今後、冠動脈CTA被曝低減に向けた基礎データとして有効に活用していきたい。




2009.01.30 CCT2009 (Co-Medical) ポスターセッション抄録(優秀演題)

CoronaryCTA被曝調査 CCTA吸収線量の線量分布と確定的影響の評価

報告者 : 塩野谷 純 (石心会 狭山病院)

【目的】
 関東で開催されている循環器画像技術研究会ではCoronary CTA(以下CCTA) の被曝調査を行っている。今回CCTA時の空気吸収線量を測定し、その線量分布を調査した。そして各臓器の組織吸収線量と確定的影響に関し検討したので報告する。

【方法】
 ランドファントムの心臓を含む5断面内部と3断面皮膚面に計82本の蛍光ガラス線量計を挿入し、通常使用している撮影条件で撮影した。測定値より各臓器の空気吸収線量の平均値を求め、各部位を軟部組織とした組織吸収線量を算出した。

【結果・考察】
 CCTAの平均空気吸収線量は228.1mGyであった。また組織吸収線量を算出すると241.8mGyとなった。皮膚面の組織吸収線量は219.8mGyとなり、これは皮膚紅斑閾値の1/10であった。CCTA直後にPCIを施行する場合は、CCTA時の被曝線量も考慮した術者への情報伝達が必要となる。また骨髄周囲は238.0mGyとなり、造血機能低下閾値の約1/2であった。実際は局所被曝の為臨床的な機能低下は起こらないと考えられるが、配慮が必要である。

【結語】
 現在CCTAの有用性は高く評価されているが、更なる被曝低減努力が必要である。



2008.10.25 第36回 日本放射線技術学会秋期学術大会 報告
(口述) 演題区分 : 心臓CT −被ばく評価−

Coronary CTA被曝線量実態調査 −CTDIと各臓器の吸収線量との比較について−

報告者 : 阿久津 任文 (石心会 さやま総合クリニック)

【目的】
 循環器画像技術研究会ではCoronary CTA(以下CCTA)の被曝に関する実 態調査を行っている。
 今回CCTA撮影時の吸収線量を測定し、CTDIと実測値との違 いや各臓器の吸収線量分布に関し調査したので報告する。

【方法】
 ランドフ ァントムの心臓を含む5断面の内部に計67本の蛍光ガラス線量計(旭テクノグラスGD-301)を任意に挿入。皮膚面には3断面に計15本を装着した。
 X線CT装置(東芝 Aquilion 64)を使用し、120kV、500mA 、0.35sec、pitch 0.25、ECG modulation off、HR 68で撮影した。
 プロトコール:Topogram、Plane、Real Prep、Heart Scan

【結果・考察】
 総プロトコール撮影時(CTDIvol:169.8mGy)のファントム内 部の線量計にて測定した吸収線量の平均値は236.7mGyであった。これはCTDIの約1.4倍となった。今回の測定値は空気吸収線量である為、各臓器別の平均吸収線量を軟部 組織として算出すると、肺野皮膚面側で257.4mGy、縦隔側は273.9mGy、心臓と周囲縦 隔部は283.3mGy、骨髄周囲252.4mGy、肝臓238.5mGy、皮膚233.2mGyであった。確定的 影響の閾値と比較すると、造血機能低下の約1/2、皮膚紅斑の1/10であった。CCTA直後にPCIに移行する場合は、CCTAでの被曝線量も考慮し被曝管理を行うべきであると 考える。

【結語】
 蛍光ガラス線量計を用いてCCTA時の各臓器の吸収線量と分 布を調査し、CTDIでは認識し難い被曝の実態を把握することができた。今後は施設間 差や装置間差を調査していきたい。






2009年度 Coronary CTA被曝調査班 活動報告

班 長 : 塩野谷 純 (石心会 狭山病院)
班 員 : 阿久津任文 (さやま総合クリニック)
      大澤 三和 (昭和大学病院)
      先山 耕史 (昭和大学藤が丘病院)
      櫻田 尚武 (横浜市立大学附属市民総合医療センター)
      苫米地修平 (国立国際医療センター)
      和田 裕之 (NTT東日本 関東病院)
オブザーバー : 加藤 京一 (昭和大学藤が丘病院)

 このワーキンググループでは、他施設へ協力を依頼し心臓CTでの臓器ごとの被曝線量や線量分布の測定を行い、 被曝の現状を把握することを目的とし、各施設での撮影プロトコールの設定・見直しに役立てるデータの収集・ 解析を行っている。
 今年度の活動は、複数施設の測定・解析を行い、放射線技術学会第37回秋季学術大会にて報告を行った。

1) 「冠動脈CTAの多施設被曝線量測定」
           和田裕之(NTT東日本関東病院) 報告

 9施設(7機種)に協力を依頼し、測定を行った。各施設の撮影条件下で撮影を行い、空気吸収線量の施設較差を確認すると、装置のスキャン方法の違いにより最大で3倍の差が、またヘリカルスキャンを用いた施設問差にお いても最大で2倍の差が認められた。



2008年度 Coronary CTA被曝調査班 活動報告

班 長 : 塩野谷 純 (石心会 狭山病院)
班 員 : 阿久津任文 (石心会 狭山病院)
      大澤 三和 (昭和大学病院)
      先山 耕史 (昭和大学藤が丘病院)
      櫻田 尚武 (横浜市立大学附属市民総合医療センター)
      苫米地修平 (国立国際医療センター)
      和田 裕之 (NTT東日本 関東病院)
オブザーバー : 加藤 京一 (昭和大学藤が丘病院)

 このワーキンググループでは、他施設へ協力を依頼し心臓CTでの臓器ごとの被曝線量や線量分布の測定を行い、被曝の現状を把握することを目的とし、各施設での撮影プロトコールの設定・見直しに役立てるデータの収集・解析を行っている。
 今年度の活動は、複数施設の測定に向けた基礎データの収集・検討を行い、その成果として放射線技術学会第36回秋季学術大会とCCT2009にて報告を行った。前者のCTDIとの比較では、検査時に装置側に表示されるものと今回測定した吸収線量とでは差があることが分かった。また後者の確定的影響との比較ではCTCAのみでは関値を超えないものの、検査直後に心臓カテーテル治療を行う場合には皮膚への影響などが心配されるとの結果となった。
 21年度は複数施設のデータ解析を行った結果を報告していく予定である。

  1. 「Coronary CTA被曝調査班 −CTDIと各臓器との吸収線量の比較について−」
    阿久津任文 (石心会さやま総合クリニック)
  2. 「Coronary CTA被曝調査班 −CCTA吸収線量の線量分布と確定的影響への評価−」
    塩野谷 純 (石心会狭山病院)
  3. 21年度の予定として、放射線技術学会第37回秋季学術大会にエントリー予定



2007年度 Coronary CTA被曝調査班 活動報告

班 長 : 塩野谷 純 (石心会 狭山病院)
班 員 : 阿久津任文 (石心会 狭山病院)
      大澤 三和 (昭和大学病院)
      先山 耕史 (昭和大学藤が丘病院)
      櫻田 尚武 (横浜市立大学附属市民総合医療センター)
      苫米地修平 (国立国際医療センター)
      和田 裕之 (NTT東日本 関東病院)
オブザーバー : 加藤 京一 (昭和大学藤が丘病院)

 心臓CT検査は冠状動脈の評価をはじめ、心筋、心機能評価についての有用性も多数報告が挙げられ、現在では多くの施設で行える検査である。しかし、検査時の患者被曝は同じCT検査の中でも多いため問題となっているものの、被曝低減技術についてはメーカーに依存する部分が多い。

 このワーキンググループでは、多施設へ協力を依頼して心臓CTでの臓器ごとの被曝線量や線量分布の測定を行い、被曝の現状を把握することを第一の目的とし、撮影プロトコールの設定・見直しに役立てるデータの収集・解析を行っていきたいと考えている。



循環器撮影研究会循環器画像研究会循環器技術研究会循環器研究会循環器撮影技術学会心血管画像研究会循研CITEC


inserted by FC2 system