[投稿の資格]

 循環器画像技術研究会雑誌への投稿は,事務局から依頼した場合を除き,循環器画像技術研究会の会員であるものとします.

[原稿の内容]

 原稿の内容は,循環器画像技術に関するものおよび,これに関連する臨床,研究等とし原則として和文とします.

[原稿の採否]

 原稿の採択は,原則として査読者の意見を参考に編集委員による編集会議で検討し会長が決定します.

[原稿について]

1)原稿は原則としてワープロソフト(windows、Mac)を使用して、A4版で作成・印刷してください。また、本文、図表キャプション、参考文献は、別様にして作成・印刷してください。それぞれ個別にファイル名をつけてCD(MO、FDでも可)に記録してください。投稿の際は使用したワープロソフトの名称を明記し、印字した原稿とCDを郵送してください。

2)本文などのページ設定を1行全角25字×25字とし、原稿枚数は、図表も含めて24枚(15,000文字以内)に納めてください。図表1枚は600文字相当と考えてください。症例提示によるテクニカル原稿の本文は、1行全角25字×25字で原稿枚数は4枚以内とし、図は2枚程度にしてください。

3)原稿の1枚目は表紙とし、表題、所属、氏名を記載してください。2枚目には400字程度の和文要旨をつけてください。

4)1論文につき5個以内のkey words(日本語)をつけてください。(key wordsは索引をつくるために使用しますので、その点を考慮して選定してください)

5)数字は算用数字を用い、数量の単位は国際単位系(SI)を使用してください。ただし、法令等の記述にはその法令に規定されている単位を用いてください。

6)記述の形式は、目的、方法、結果、考察、結論の書式に準ずるようにしてください。ただし、依頼原稿等の編集委員会が認めた原稿に関してはこのとおりではありません。

7)略語の使用は極力さけてください。やむをえず使用する場合は、文中で頻回に使用され、かつ慣習的、普遍的に用いられるものを対象とし、その語が用いられる最初の箇所に内容を明記してください。

8)図表はデジタルデータ保存とし、参考文献などから図(写真)や表・グラフをスキャナで取り込む際には、解像力の設定を図(写真)300dpi以上、表・グラフは1,200dpi以上にしてください。オリジナルの図表については内容が十分に把握できるよう、著者自身で必要な解像力に設定し作成してください。作成した図表は、Power Pointに貼り付けてください。表計算ソフトなどで作成したグラフ・表はそのまま貼り付けてください。
 図表確認のため、2分割もしくは4分割で図表内容が把握できる程度の縮小印刷も添えてください。図表も原稿類と同一なCDに記録してください。

9)図表(写真を含む)には、Power Pointのテキスト欄に「図1」・「表1」などの番号と説明をつけてください。また、Power Point上の図(写真)内の文字・矢印などは、画像の調整処理のためテキストボックスや図(オートシェイプ)を挿入して記載してください。図(写真)内に直接埋め込まないでください。原稿本文には図表を組み込む位置の欄外右横に「図1」・「表1」などと朱記してください。

10)文献の書き方は以下の形式で記述してください。
a)記述順序は出処順とし、1)、2)、等の書式にしたがってください。雑誌名を略名とする場合は、外国誌はIndex Medicus、邦文誌は日本医学図書館協会編”日本医学雑誌略名表”を参考にしてください。
b)雑誌の場合は、著者名:表題,雑誌名:巻(号):ページ(始め-終わりのページ),発行年(西暦)としてください。著者名は3名までとし、以下は“他”あるいは“et al."としてください。
c)単行本の場合は、著者名:表題,巻数,版数,発行地,発行社,必要なら引用ページ,発行年(西暦で)の順に記述してください。

 (実例)
1)天内廣,井手敏典,大島光一,他:シネ撮影系における入出力特性の測定法の研究,日放技学誌:34(12):31-72,(1987)
2)Dodge HT, Sandler H, Ballew DW, et al. :The use of biplane angiocardiography for the measurement of left ventricular volume in man, Am Heart J : 60(5) : 762-776 , (1960)
3)長谷川光男,天内廣,中澤靖夫:心血管造影技術マニュアル,第1版,東京,三輪書店,54-63,(1994)
4) Kern MJ : The Cardiac Catheterization Handbook : Mosby Year Book, Missouri, (1991)

[個人情報・引用著作権の取り扱い]

 画像などに個人情報がある場合は、その個人情報が明らかにならないよう著者の責任において修正してお送りください。編集においても確認・修正させていただきます。
 また、文献やホームページからのデータ転用の際には、転用元を必ず表記または参考文献に提示してください。それ以外の場合には著者責任とします。

[編集・校正]

 投稿原稿の編集は編集委員が行います.なお,編集が困難な場合は再投稿をお願いする場合があります.また,編集委員会の責任において多少の字句の修正を行うこともあります.
 投稿原稿の校正は原則として編集委員会が行います.著者校正を希望する場合は校正は一回のみとし,投稿時にその旨を明記して提出してください.ただし英文原稿の場合は著者校正のみとさせていただきます.

[原稿の返却]

 掲載済みの原稿は原則として返却いたしません.返却を希望する場合は投稿時にその旨を明記して提出してください.

[投稿先]

〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30
昭和大学藤が丘病院 放射線部
安田 光慶気付「循環器画像技術研究会事務局」宛とします.(封筒に原稿在中と赤字で記してください)

付則

1.電子メールでの投稿も受け付ますが、受け取りできるデータ量に制限があります。容量が大きいファイルの場合には大容量ファイル転送サービスなどを利用してお送りください。
宛先は、事務局とします(citecjunken@yahoo.co.jp)。
 2010.04.25


循環器撮影研究会循環器画像研究会循環器技術研究会循環器研究会循環器撮影技術学会心血管画像研究会循研CITEC


inserted by FC2 system