update:2016.9.5

「第36回 IVR被曝低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ <東京開催> 終了しました。

全国循環器撮影研究会(以下、全循研)では、平成28年9月3日(土)に「第36回 IVR被曝低減技術セミナー」を開催いたします。
心カテや血管撮影に携わっている医療関係者(関連メーカーも含む)の中で、放射線被ばくについて知りたい方でしたらどなたでも受講できます。

多くの方々の申込をお待ちしております。

  → 開催案内ダウンロードはこちら

●「第36回 IVR被曝低減技術セミナー」開催のお知らせ
                   主催:全国循環器撮影研究会
                   開催:循環器画像技術研究会
                   共催:JSRT放射線防護委員会

  日  時: 平成28年9月3日(土) 9:20〜17:10(受付は 9:00より)
  会  場: NTT東日本関東病院 4階カンファレンスルーム
  対 象 者: 循環器撮影の被ばく低減に興味のある医療関係者なら
        どなたでも受講可能です。[非会員でもOK!]

  募集人数: 40名 (先着順:定員になりしだい〆切とさせていただきます)
  受 講 料: 全循研の会員 3,000 円
        非会員    6,000 円 (ただし、循研の会員は 4,000円)

        ※ 当日入会も可能です。
         ・全循研に入会 3,000円+3,000円(年会費)= 6,000円
         ・循研に入会  4,000円+2,000円(年会費)= 6,000円
         ・全循研&循研に入会 3,000+5,000(年会費)= 8,000円
    ★ 「IVR被曝低減推進認定施設」の認定申請には全循研への入会が必要です。

  申込方法: 専用フォームからお申し込みください。
        ▲ 受信確認・受講票の送付はe-mailのみで行います。
        ▲ hamakiku-ycu◎umin.netが受信できるよう設定して下さい。
  募集開始: 8月1日(月)朝7時頃〜  (最終8/26)
        8月2日 22:00 定員に達しましたので募集を終了しました。

  テキスト: web配信です。受講決定後、専用サイトからダウンロードできます。

--------------------------------------------------------------

【プログラム】(予定) 進行:坂本 肇(セミナー実行委員長)
   9:20-  開会式           循環器画像技術研究会 会長 塚本 篤子
   9:30-  被ばく線量低減推進施設の認定について
   9:50-  講義-1 放射線の人体への影響と症例
       講義-2 品質管理
       特別講演 『 診断参考レベル(DRL)の理解を深める 』
                   総合病院国保旭中央病院 五十嵐 隆元 氏
       ランチョンセミナー(企画中)
       講義-3 線量測定法
       講義-4 X線防護用具
       講義-5 線量測定実習の説明
       講義-6 線量測定の実習
       講義-7 実習データの計算、説明
  17:00-  閉会式 修了証授与     循環器画像技術研究会 会長 塚本 篤子

--------------------------------------------------------------

◆『日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師認定機構』の 2ポイントが付与されます。
◆『日本救急撮影技師認定機構』の 2ポイントが付与されます。
◆『日本IVR学会・CVIT合同認定インターベンションエキスパートナース(INE)の更新5単位が付与されます。
◆ 全循研『IVR被曝低減推進認定施設』の取得には本セミナーの受講が必須となります。


「第35回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ <東京開催> (終了しました)

●「第35回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
                   主催:全国循環器撮影研究会
                   開催:循環器画像技術研究会
                   共催:JSRT放射線防護委員会

  日  時: 平成27年9月5日(土) 9:15〜17:10(受付は 8:45より)
  会  場: NTT東日本関東病院 健診棟 6階 会議室
  対 象 者: 循環器撮影の被ばく低減に興味のある医療関係者なら
        どなたでも受講可能です。[非会員でもOK!]

  募集人数: 40名 (先着順:定員になりしだい〆切とさせていただきます)
  受 講 料: 全循研の会員 3,000 円
        非会員    6,000 円 (ただし、循研の会員は 4,000円)

【プログラム】
   9:15-  開会式
   9:20-  被ばく線量低減推進施設の認定について
   9:40-  講義-1 放射線の人体への影響と症例
       講義-2 品質管理
       講義-3 FPDの特性と精度管理
       特別講演(ランチョンセミナー)
       講義-4 線量測定法
       講義-5 X線防護用具
       講義-6 線量測定実習の説明
       講義-7 線量測定の実習
       講義-8 実習データの計算、説明
  17:00-  閉会式 修了証授与


「第33回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ <東京開催> (終了しました)

●「第33回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
                   主催:全国循環器撮影研究会
                   開催:循環器画像技術研究会
                  <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成26年9月6日(土) 9:15〜17:00(受付は 9:00より)
  会  場: NTT東日本関東病院 4階カンファレンスルーム
  対 象 者: 循環器撮影の被ばく低減に興味のある医療関係者なら
        どなたでも受講可能です。[非会員でもOK!]

  募集人数: 30名 (先着順:定員になりしだい〆切とさせていただきます)
  受 講 料: 循研あるいは全循研の会員 4,000 円
        非会員          6,000 円

【プログラム】
   9:15-  開会式
   9:20-  被ばく線量低減推進施設の認定について
   9:30-  放射線の人体への影響と症例
       X線装置による被ばく低減
       X線防護用具
       品質管理
       ランチョンセミナー
       FPDの特性と精度管理
       線量測定法
       線量測定実習の説明
       線量測定の実習
       実習データの計算、説明
  16:50-  閉会式 修了証授与


「第30回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ <東京開催> (終了しました)

★ 詳細は 『第30回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●「第30回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
                   主催:全国循環器撮影研究会
                   開催:循環器画像技術研究会
                  <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成25年9月7日(土) 9:15〜17:00(受付は 9:00より)
  会  場: NTT東日本関東病院 4階カンファレンスルーム
  対 象 者: 循環器撮影の被ばく低減に興味のある医療関係者なら
        どなたでも受講可能です。[非会員でもOK!]

  募集人数: 40名 (先着順:定員になりしだい〆切とさせていただきます)
  受 講 料: 循研あるいは全循研の会員 4,000円
        非会員          6,000円
        ※ テキスト代含む、 ※ 昼食付き

【プログラム】
9:15- 9:20 開会式
9:20- 9:30 被ばく線量低減推進施設の認定について
9:30-10:00 放射線の人体への影響と症例
10:05-10:35 X線装置による被ばく低減
10:45-11:15 X線防護用具
11:20-11:50 品質管理
12:00-12:20 ランチョンセミナー(造影剤関連の講演)
12:20-13:10 特別講演『 血管撮影領域での読影補助と被ばく低減の可能性 』
      昭和大学大学院保健医療学研究科(昭和大学藤が丘病院) 加藤 京一
13:20-13:50 FPDの特性と精度管理
13:50-14:20 線量測定法
14:30-15:00 線量測定実習の説明
15:00-15:50 線量測定の実習
16:00-16:50 実習データの計算、説明
16:50-17:00 閉会式 修了証授与

★ 詳細は 『第30回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第29回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ <東京開催> (終了しました)

★ 詳細は 『第29回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●「第29回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
                   主催:全国循環器撮影研究会
                   開催:循環器画像技術研究会
                  <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成24年9月1日(土) 9:20〜17:00(受付は 9:00より)
  会  場: NTT東日本関東病院 4階カンファレンスルーム
  対 象 者: 循環器撮影の被ばく低減に興味のある医療関係者なら
        どなたでも受講可能です。[非会員でもOK!]
  募集人数: 40名 (但し、定員を超える申込があった場合は循研の会員を優先します)
  受 講 料: 循研あるいは全循研の会員 4,000円
        非会員          6,000円
        ※ テキスト代含む、 ※ 昼食付き

【プログラム】
9:20- 9:30 開会式
9:30- 9:50 被ばく線量低減推進施設の認定について
9:50-10:20 放射線の人体への影響と症例
10:20-10:50 X線装置による被ばく低減
11:00-11:30 X線防護用具
11:30-12:00 品質管理
12:10-12:30 ランチョン@『FPD装置、本当に線量低減になっている?』
                     山梨大学医学部附属病院 坂本  肇
12:30-13:00 ランチョンA『新型FPDの可能性』
13:10-13:40 FPDの特性と精度管理
13:40-14:20 線量測定法
14:30-15:00 線量測定実習の説明
15:00-15:50 線量測定の実習(血管撮影室にて)
16:10-16:50 実習データの計算、説明
16:50-17:00 閉会式 修了証授与

★ 詳細は 『第29回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第26回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ <東京開催> (終了しました)

★ 詳細は 『第26回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

お知らせ
測定実習の説明資料と計算結果がダウンロードできます。(こちらをクリックしてください)
ご自由にご活用願います。

●「第26回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
                   主催:全国循環器撮影研究会
                   開催:循環器画像技術研究会
                  <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成23年9月3日(土) 9:20〜17:00(受付は 9:00より)
  会  場: NTT東日本関東病院 4階カンファレンスルーム
  対 象 者: 循環器撮影の被ばく低減に興味のある医療関係者なら
        どなたでも受講可能です。[非会員でもOK!]
  募集人数: 50名 (〆切 8/26:但し、定員になりしだい終了します)
  受 講 料: 循研あるいは全循研の会員 4,000円
        非会員          6,000円
        ※ テキスト代3,000円含む、 ※ 昼食付き

【 プログラム内容 】
  9:20- 9:30 被ばく線量低減推進施設の認定について
  9:30-10:10 放射線の人体への影響と症例
 10:10-10:40 X線装置による被ばく低減
 10:50-11:20 X線防護用具
 11:20-11:50 品質管理
 12:00-12:40 FPD関連講義(ランチセッション)
 13:00-14:00 特別講演
       心臓CT撮影の被曝低減を考える
         −撮影プロトコルの最適化を求めて−
     医療法人社団田貫会 高瀬クリニック 放射線部  佐野 始也  氏
 14:00-14:30 線量測定法
 14:40-15:10 線量測定実習の説明
 15:20-16:00 線量測定の実習(血管撮影室にて)
 16:10-16:50 実習データの計算、説明
 16:50-17:00 修了証授与

★ 詳細は 『第26回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第23回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研・千葉アンギオ)開催のお知らせ <千葉開催> (終了しました)

★ 詳細は 『第23回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●「第23回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
                   主催:全国循環器撮影研究会
                   開催:循環器画像技術研究会
                      千葉アンギオ技術研究会
                  <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成22年9月4日(土) 9:20〜17:00(受付は 9:00より)
  会  場: 千葉大学医学部附属病院 3階 第二講堂
  受講資格: どなたでも!! (非会員でもOK!)
        (放射線技師・看護師・検査技師・CE・医師・学生・メーカー…)
  募集人数: 50名
  受 講 料: 4,000円(専用テキスト代含む)

【 プログラム内容 】
  9:20- 9:30 開会式
  9:30- 9:50 「被ばく線量低減推進施設」認定について
  9:50-10:20 放射線の人体への影響と症例
 10:20-10:50 X線装置による被ばく低減
 11:00-11:30 X線防護用具
 11:30-12:00 品質管理
 12:00-13:00 ランチョンセミナー
 13:10-13:50 FPD関連講演
 13:50-14:20 線量測定法
 14:30-15:00 線量測定実習の説明
 15:10-15:50 線量測定の実習
 16:00-16:50 線量測定データの計算、説明
 16:50-17:00 閉会式  修了証書授与

★ 詳細は 『第23回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第21回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ <東京開催> (終了しました)

★ 詳細は 『第21回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●「第21回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
                   主催:全国循環器撮影研究会
                   開催:循環器画像技術研究会
                  <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成21年9月5日(土) 9:20〜17:10(受付は 9:00より)
  会  場: NTT東日本 関東病院 4F会議室
  受講資格: どなたでも!! (非会員でもOK!)
        (放射線技師・看護師・検査技師・CE・医師・学生・メーカー…)
  募集人数: 30名(線量測定実習を行うため)
  受 講 料: 4,000円(参加費+テキスト代)
  募集人数: 30名(線量測定実習を行うため)

【 プログラム内容 】
 開会式
  「被ばく線量低減推進施設」認定について
  講義1 放射線の人体への影響と症例
  講義2 X線装置による被ばく低減
  講義3 X線防護用具
  特別講演 「循環器領域での患者被ばく線量の実態と分析」
        東北大学大学院医学系研究科保健学専攻 生体応用技術科学講座
              核医学技術学分野 準教授  千田 浩一  先生
  講義4 品質管理
  FPD関連講演 「フラットパネルの管理とその現状について」
  講義5 線量測定法
  講義6 線量測定実習の説明
  線量測定の実習
  線量測定データの計算、説明
 閉会式  修了証書授与

★ 詳細は 『第21回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第19回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研・神奈川アンギオ)開催のお知らせ <神奈川開催> (終了しました)

★ 詳細は 『第19回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●「第19回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
   循環器画像技術研究会 ◇ 神奈川アンギオ撮影研究会 共同開催
   <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成20年12月6日(土) 9:20〜17:00(受付開始 9:00)
  会  場: 横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター 6F会議室
  受講資格: どなたでも!!
  募集人数: 30名(線量測定実習を行うため)

【 プログラム内容 】
 開会式
  被ばく低減技術セミナー開催の経緯と「被ばく線量低減推進施設」について
  講義1 放射線の人体への影響
  講義2 X線装置による被ばく低減
  講義3 X線防護用具
  講義4 品質管理
  講義5 循環器FPD搭載X線装置の管理
  特別講演 「IVRによる皮膚障害の症例とその対策」
       昭和大学横浜市北部病院 皮膚科診療科長  宋  寅傑 先生
  講義6 線量測定法
  講義7 ガイドライン測定法と空間線量分布の測定(実習説明)
  測定実習
  実習データの計算、説明
 終了式  修了証書授与

★ 詳細は 『第19回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第16回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ <東京開催> (終了しました)

★ 詳細は 『第16回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●「第16回循環器被ばく低減技術技術セミナー」
   循環器画像技術研究会実施 <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成20年9月6日(土) 9:20〜17:00(受付開始 9:00)
  会  場: NTT東日本 関東病院 4F会議室
  受講資格: どなたでも!!
  募集人数: 30名(線量測定の実習を行うため)

【 プログラム内容 】
  9:20- 9:30 開会式
        被ばく線量低減推進施設認定について
        講義1 放射線の人体への影響 
        講義2 X線装置による被ばく低減 
        講義3 X線防護用具
        特別講演「ICRP新勧告からみた
              血管撮影臨床現場における放射線安全管理」
        講義4 放射線障害の症例
        講義5 品質管理 
        講義6 FPD関連
        講義7 線量測定法
        講義8 ガイドライン測定法と
            面積線量計の簡便な使用方法(実習説明)
        測定実習
        実習データの計算、説明
 17:00-   終了式  修了証書授与

★ 詳細は 『第16回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第15回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研・神奈川アンギオ)開催のお知らせ <神奈川開催> (終了しました)

★ 詳細は 『第15回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●「第15回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
   循環器画像技術研究会 ◇ 神奈川アンギオ撮影研究会 合同開催
   <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成19年12月1日(土) 9:40〜17:00(受付開始 9:20)
  会  場: 横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター 6F会議室
  受講資格: どなたでも!!
  募集人数: 30名程度(線量測定実習を行うため)

【 プログラム内容 】
  9:40- 9:50 開会式
        被ばく低減技術セミナー開催の経緯 と
             「被ばく線量低減推進施設」認定について
        講義1 放射線の人体への影響
        講義2 X線装置による被ばく低減
        講義3 X線防護用具
        講義4 品質管理
        講義5 循環器FPD搭載X線装置の管理
        講演 −IVRによる皮膚障害の症例とその対策−
        講義6 線量測定法
        講義7 ガイドライン測定法 と
                面積線量計の簡便な使用方法(実習説明)
        講義8 測定実習(面積線量計の簡便な校正方法)
 16:50-17:00 終了式  修了証書授与

★ 詳細は 『第15回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第13回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ <東京開催> (終了しました)

★ 詳細は 『第13回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●「第13回循環器被ばく低減技術技術セミナー」開催のお知らせ
   循環器画像技術研究会実施 <共催:JSRT防護分科会・計測分科会>

  日  時: 平成19年9月1日(土) 9:40〜16:40(受付開始 9:20)
  会  場: NTT東日本 関東病院 4F会議室
  受 講 料: 3000円(参加費+テキスト代)
  受講資格: どなたでも!!
  募集人数: 30名程度(線量測定実習を行うため)

【 プログラム内容 】
  9:40- 9:50 開会式
        被ばく線量低減推進施設認定について 
        講義1 放射線の人体への影響 
        講義2 X線装置による被ばく低減 
        講義3 X線防護用具 
        講義4 品質管理 
        講義5 線量測定法 
        講義6 FPD関連
        講演 −放射線被ばくの臨床と病理− 
        講義7 面積線量計の簡便な使用方法(実習説明)
        測定実習(面積線量計の簡便な校正方法)
 16:30〜   終了式  修了証書授与

★ 詳細は 『第13回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第10回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研)開催のお知らせ (終了しました)

★ 詳細は 『第10回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●「第10回循環器被ばく低減技術セミナー」開催のお知らせ
 (全国循環器撮影研究会主催、循環器画像技術研究会実施)

  日  時: 平成18年9月2日(土) 10:00〜16:30
  会  場: NTT東日本 関東病院 4F会議室
  受 講 料: 3000円(参加費+テキスト代)
  受講資格: どなたでも!!

セミナープログラム
10:00-10:30 放射線の人体への影響
10:30-11:00 X線装置による被曝低減
11:00-11:30 X線防護用具
11:30-12:00 品質管理
12:00-12:30 症例
13:30-14:30 講演『大量放射線被ばくの臨床と病理』
         東京大学病院 緩和ケア診療部長  中川 恵一 先生
14:30-15:30 線量測定法
15:30-16:30 測定実習 <面積線量計の簡便な校正方法>

★ 詳細は 『第10回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。


「第8回 循環器被ばく低減技術セミナー」 (循研:関東)開催のお知らせ (終了しました)

★ 詳細は 『第8回被ばく低減技術セミナー』 のページをご覧ください。

●全国循環器撮影研究会主催
   第8回循環器被ばく低減技術セミナー開催のお知らせ

  日 時 : 平成17年9月3日(土) 10:00〜
  会 場 : NTT東日本 関東病院 4Fカンファレンスルーム
  受講料 : 3000円(参加費+テキスト代)
  受講資格: どなたでも!!

セミナープログラム
   放射線の人体への影響
   X線装置による被曝低減
   X線防護用具
   品質管理
   法令関連
   症例
   講演 『大量放射線被ばくの臨床と病理』
   線量測定法

★ 詳細は『第8回被ばく低減技術セミナー』のページをご覧ください。


「第5回 循環器被ばく低減技術セミナー」 開催報告

 平成16年9月4日、NTT東関東病院にて、第5回循環器被ばく低減技術セミナーが開催されました。
 参加者30名で、血管撮影室を使用し、QC・QAの方法や、“IVRに伴う放射線皮膚障害の防止に関するガイドライン、IVRにおける患者皮膚線量の測定マニュアル”に準じた測定方法などの実習と、循環器被ばく低減技術セミナーテキストを使用した坐学、ワンポイントレクチャー等行い成功裏に終了することが出来ました。

★ 詳細は全循研ホームページをご覧ください。



循環器撮影研究会循環器画像研究会循環器技術研究会循環器研究会循環器撮影技術学会心血管画像研究会循研CITEC

inserted by FC2 system